TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレンの欺き ~ The Siren's Deception ~ (3)

Category: OBLIVION > ロールプレイ日記   Tagged: oblivion  ロールプレイ  
Oblivion 2013-02-24 00-25-36-14

「ガウ!ガウガウッ!ガウッ!」





Oblivion 2013-02-23 20-17-33-94

「ガウッ!ガッ!ガウ!ガウッ!」

 



Oblivion 2013-03-26 15-59-10-40

???「てこずらせてくれるじゃないか。久々に疲れちまったよ」

ミア「ちくしょう!放せよ!」





Oblivion 2013-03-26 15-59-19-12

黒髪の女「どうして外してやる必要があるんだい?自分のねぐらに勝手に忍び込んできたこそ泥を捕まえたのに?」

ミア「そ、それは、・・・ノ、ノックで出てこないほうが悪いんだよ!」





Oblivion 2013-03-26 16-00-55-01

ミア「ていうか、町で盗みを働いてたのはお前らだったんだな!!お前らのせいであたいが疑われたじゃないか!!どうしてくれんだ!!」

黒髪の女「盗みだって?」





Oblivion 2013-03-26 15-59-59-38

黒髪の女「人聞きの悪いことを言うねえ。盗みを働こうとしたのはお前のほうだろう?」

ミア「はぐらかすのはよしな!!そこに貯め込んだお宝が何よりの証拠だよ!!」





Oblivion 2013-03-26 16-00-26-67

Khajitの女「・・・少し痛めつけようか?Faustina」

黒髪の女「・・・まあ待ちな。それはもう少し後でいい」





Oblivion 2013-03-26 16-00-44-79

黒髪の女「おまえ、今、あたしらのせいで自分が疑われたって言ったね?」

ミア「そ、そうだよ!!お前らのせいであたいは狼子に家を・・・追い出されちゃって・・・だ、だから許さないからな!!絶対逃げ出して衛兵隊に通報してやる!!」





Oblivion 2013-03-27 22-13-28-29

黒髪の女「なるほど、追い出されたのかい・・・おまえが無実を訴えても聞き入れられず」

ミア「な、なにさ!笑いたきゃ好きなだけ笑ってればいいじゃん!笑ってられるのも今のうちだけだよ!」

黒髪の女「笑ったりしないさ・・・だってあたしらも、あんたとおんなじなんだから」





Oblivion 2013-03-27 22-14-01-02

ミア「え・・・? 同じ・・・?」





Oblivion 2013-03-27 22-13-34-89

黒髪の女「そう・・・おんなじ。あたしたちも、自分の居場所を追われた同士ってわけさ」





Oblivion 2013-03-27 22-14-55-55

ミア「ど、どうせ追い出されたのも自業自得な理由でなんだろ!あんたたちと違ってあたいは本当に無実だし、狼子だったらちゃんと説明すればわかってくれるもん!!」

黒髪の女「わかってくれる・・・本当にそう言い切れるのかい?だったら、どうしてあんたが無実を訴えたときに信じてくれなかった?」

ミア「そ、それは・・・あたいのその・・・日ごろの行いが悪かったから・・・」





Oblivion 2013-03-28 00-15-39-48

黒髪の女「日ごろの行いが悪かったから。そんな口実をつけて、その人は自分のイメージの中のおまえを信じた・・・目の前にいる、本当のおまえの言葉ではなく」

ミア「ち、違う!!」





Oblivion 2013-03-28 00-15-50-33

ミア「狼子が信じてくれなかったのは、あたいが悪かったんだもん!!狼子だって、いつもだったら、あたいのこと信じてくれて・・・」

黒髪の女「・・・おまえがそうやって自分の落ち度だと言い張る理由は、本当にその人に対して申し訳なく思っているからということだけ?」





Oblivion 2013-03-28 00-15-25-57

ミア「そ、それ・・・は・・・」

黒髪の女「・・・答える必要はない。おまえの中にはたったひとつ、明快な答えがあり、しかしそれを認めることをおまえは最も恐れてる。そして、あたしにはそれが手に取るようにわかる。当てて見せようか」





Oblivion 2013-03-28 00-40-33-981

黒髪の女「・・・その人が自分を信じることはないと、本当は確信しているから」





Oblivion 2013-03-28 00-40-33-98

ミア「・・・ちがう・・・」





Oblivion 2013-03-28 00-40-50-25

ミア「ちがう!!!」

黒髪の女「違わないさ。おまえが自分の落ち度と言い張るのは、もしそうでなければ、その人がおまえを顧みることがもうないとわかっているからだ。真実のおまえでなく、自分の中の勝手な思い込みを信じた・・・その大きな落ち度を目にした経験を通して」





Oblivion 2013-03-28 01-13-28-34

黒髪の女「その人の落ち度というだけでない。これは真実だ。あたし達を含むすべての人に共通の。この世界には誰一人として、本当のおまえに興味のある奴はいない。皆、自分の中に作り上げた勝手なイメージに話しかけるだけ。おまえを理解するものはどこにもいない。そして、おまえに理解できる心の持ち主もまたどこにもいない。心の声など誰にも聞こえないのだから」





Oblivion 2013-03-27 22-14-18-63

ミア「・・・」

黒髪の女「・・・わかってきたようだね。あたし達は孤独だ。誰に理解されることもなければ、誰を理解することもない。そしてそれは、誰のせいでもない。だったら、最後に残るものはひとつ」





Oblivion 2013-03-28 01-41-17-60

黒髪の女「・・・あたし達の居場所を奪ったやつらが、自分たちの場所で今ものうのうと暮らしているという事実だけ」








***








Oblivion 2013-03-28 03-22-22-82







Oblivion 2013-03-28 03-22-38-57







Oblivion 2013-02-10 02-16-54-18

狼子「ぶぅあーっはっは!!大酒呑みの設定がやっと活きたぜぇー!!全然酔わねえなあーアルコール入ってねえんじゃねえーのかぁーこれ!?」

Heinrich「ば・・・バケモンかこの女・・・」





Oblivion 2013-02-10 02-18-56-27

狼子「俺様の勝ちは明らかだな。それじゃあ洗いざらい話してもらおうか」

Heinrich「ウエップ・・・あの夜はいい感じにほろ酔いで、いい気分でいるところに、とんでもなくいい女が二人、俺の両隣に座ってきたんだ・・・ゲプ」

狼子「女?」





Oblivion 2013-03-28 03-39-59-32

Heinrich「ヒック・・・いい女だった、顔はまったく思い出せねえんだが・・・何せ、そのあとしこたま飲まされちまって・・・気がついたら裸で家の玄関前で寝てたんだよ、ヒック」

狼子「その二人はどうした?」

Heinrich「知らねえよ・・・目が覚めたときにはもういなかった・・・ヒック!」





Oblivion 2013-03-28 03-42-24-03

狼子「・・・じゃああんたは、その二人があんたの寝てる間に銀の食器を盗んだと思ってるって事か?」

Heinrich「確信はねェ・・・確信はねェんだが・・・町に、似たような目に遭った奴が一人いたんだ・・・GoganっていうRedguardの糞野郎だよ・・・ゲプ・・・詳しいことは奴の嫁に聞いてくれ・・・街中で旦那の醜態を日がな一日言いふらしてやがるから・・・MaelonaっていうRedguard女だよ・・・うっぷ」

狼子「わかった。助かったぜ」





Oblivion 2013-02-10 02-19-11-23

Heinrich「姐さん・・・ウップ!・・・ひとつだけ頼みがある」

狼子「なんだ。聴くだけならタダだ、言ってみな」

Heinrich「あいつには・・・Hasathil(嫁)には、この事は言わないでくれ・・・俺のヘマとは言え、食器が消えただけであんなに取り乱してるあいつを、これ以上傷つけたくないんだ・・・頼む・・・このことは・・・ヒック!このことは・・・いつか俺の口から話すから・・・ヒック!」

狼子「・・・ああ。黙ってるよ」





Oblivion 2013-03-28 04-18-17-44

Heinrich「よかっ・・・た(ガクッ!」

「「船長ーーー!!!」」





Oblivion 2013-03-28 04-18-30-99

狼子「Redguardの夫婦、GoganとMaelonaか・・・ヒック!・・・とりあえず当たってみるか」





Oblivion 2013-03-28 04-19-05-84

狼子「ところでだなぁ~~~ヒック!」





Oblivion 2013-03-28 02-58-24-81

狼子「俺様のパンツをさっきからず~~~っと覗いてた奴は誰だぁ~~~誰だかわからんから全員ぶっ殺してやるぞぉ~~~」

「ウワァ!わけわからん因縁をつけて襲ってきたぞ!」

「素面みたいな顔して思いっきり酔ってやがる!」

「しかも物凄い酒乱だ逃げろォ!!」








***









Oblivion 2013-03-28 00-16-09-20

黒髪の女「・・・Tsarrina、こいつの拘束を解いてやりな」

Khajitの女「いいのかい?」

黒髪の女「逃げる気はもうないってさ」





Oblivion 2013-03-26 16-02-48-27

Khajitの女「・・・ほら。立ちな」

ミア「・・・あの・・・どうして・・・」

黒髪の女「身構える必要はないよ。あたしがおまえを気に入ったって事さ」





Oblivion 2013-03-26 16-04-07-78

黒髪の女「自己紹介がまだだったね。あたしはFaustina。Faustina Cartia。ここのボスさ。それからこっちの巨乳ちゃんがSigny」

Signy Home-Wrecker「ハーイ。"家庭を壊すSigny"と呼ばれることもあるわ。よろしく」





Oblivion 2013-03-26 16-03-58-74

Faustina Cartia「それから、おまえの後ろにいるネコがTsarrina」

Tsarrina「よろしくね」

Faustina「おまえは?」

ミア「・・・ミア」





Oblivion 2013-03-26 16-03-54-09

Faustina「・・・そうかい。じゃあミア、素直に答えてくれた礼に、あたし達"Sirens盗賊団"のことを教えてやるよ」








***








Oblivion 2013-03-28 05-16-04-95







Oblivion 2013-03-28 05-16-42-49

 ・・・ミア。










【つづく。】


Oblivion 2013-03-21 14-15-34-33

◆使用させていただいた主なmod(アルファベット順)◆

 ・CTAddPose Gaff 01&02 : ku 様

 ・CTAddPoseControler : kiki 様

 ・CTAddPose_LE01 & 02 : Reso 様

 ・Slave in Pose convertion (18禁?) : Cha0s_lord 様


 Thanks for sharing your awesome works!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

ゴクリ…

ペースが早くて驚いた、この話はゲームでは本編寄りののミッション?


こっちも何かしら頑張らないと
Re: ちんくしゃさん
まあ、今までがペース遅すぎただけさね
本来は週一を理想としてやってたものだしね

これは本編というか、メインクエストとは関係ないサブクエストだよ
本来はこんなに長くないwww

お互い、あまり肩に力入れすぎないでがんばろうの(・∀・)
良い考え、悪い考え
はわわ‥。いやあ‥いい意味で予想外の展開に読み応えがありました。

ミアさんは岐路に立っておりますね。揺れてますね。ユレユレです。
あーもう、どうなってしまうのでしょう。ハラハラします。あー。

ここで一本芯の通ったズゴックさんにガツンとやって欲しいところですが、
彼は帝都であんな状況だし‥w

やはりココで主役の登場ですね。期待せずにいられない。
パンツ覗いた云々の場面でなぜか「ギクっ」てなりました。み、見てないよ!


して、おぉw ゲスツ勢揃いの絵に混ぜていただき感謝ですw
あんな半端なセーブファイルでも再現できちゃうもんなんですね。
つか、姫様の剣でけえええな!ww
待ってました。(・∀・)
更新お疲れさまです!

なんてこった; ミアちゃんが洗脳されておる!今回も良い所で終わってしまってますね;
そういえば、このクエ初めてやったときあの3人に(2人と1匹?w)フルボッコされたので、早く懲らしめて欲しいですw
狼子さん、早く救出しに来て><

あとカズコちゃん! すごい再現度高いですね。可愛いー♪
カズコちゃんの再現ラッシュですが、自分はクオリティが低すぎてSSうpできないです;
皆さん本当にお上手で羨ましいです。><;
おおお!
おじゃましたら更新が!!更新おつかれさまです♪
ソッコー拝読させていただきましたw

狼子さんの飲みっぷりが男前すぎて余裕で惚れましたw
こんなに短かったらは覗かざる終えないですね!!
男性陣の気持ちがわかりますwまぁ逃げなければ大変なことになるのは間違いない!
あ!でも狼子さんにされるならいいかな?
何言ってるんだ自分はorz

そしてミアちゃんがどんどん大変なことに(・∀・;)
今後どうなっていくのかドキドキもんです!

ラストのゲストの皆さん集合いいですね☆
どう表現したらいいんでしょうか・・・オフゲーなのにオンゲーとはまた違った
「繋がり」を感じる、そんな一枚だなと思いました♪ ちゃんと説明できず申し訳ないですw
あれ?
女盗賊団が美形になってる。
私のは若作りのオバサンしかいなかったのに!!
差別だー!!

そして、椅子に縛られている姿がアレでナニってなもんですな。
開脚状態で縛り上げるとか、女盗賊団も「わかっていらっしゃる」というべきか……。

狼子さん、酒に関してはザルだったんですねw
いや、それを通り越してザルの枠というべきかwww

さすが狼子さん、おっとこっまえー♪
Re: 屁ぷしさん
 屁ぷしさんおこしやす!
 ハハハ!ミアに揺れるほどのモノなんてないでしょう(違

 ズゴックは「後退なし、前進あるのみ」な感じなので、多分今の段階では戻ってくることはないかもしれませんwwwそれに、そろそろ主人公なりの見せ場がほしいところですしねwww
 大人の手を借りるのではなく子供が大人になる回にしたいと思っているので、ダメな子達なりのけじめのつけ方みたいなものを描ければいいなと思ってますです。

>パンツ
 むしろあの服、普通に立ってるだけなのに角度によって横からも見えることがあるという素敵な仕様なので仕方ないですね!

>ゲスツ
 ふっふっふ、実はツイッターに上げたSSの使いまわしだったりするんですけどねwwwいやでも、うちの環境でのかず子さんの再現度は残念ながら低めだったので、ズームせずに少し遠目の参加になったことをお許しくださいwww
 姫様の剣、おそらくオリジナルの姫様みたいに子供体型だと別の効果があるのでしょうが、こちらは成長した姫様なので、その大人の姫様がこの大きな剣を持っていると何かこう、相当の怪力の持ち主みたいに見えてしまいますねwww
Re: リクさん
 リクさんおこしやす!

 書いているときには普通に説得?している様を書いているつもりでいたのですが、読み返してみると確かに洗脳みたいですねwww
 このクエの三人が同時に襲ってくる局面、家の環境でテストしたときには、UOPの効果かFCOMの調整のせいなのかはわからないのですが、レベル6のミアの体力を三人がかりでもまったく減らせない有様だったので多分余裕ですね!www

>かず子さん
 実はXEORC4のx117CarrierIIにただ顔データを乗っけただけの適当再現だったりしますwwwでもそれだけで顔色以外そっくりになったので、選択としては正解だったかな!!ただ、最初に間違えてCarrierIに乗っけてしまったときには、まったく別人の顔になってしまい焦りましたww
Re: MOSAOさん
 MOSAOさんおこしやす!
 そう言っていただけて光栄ですwww

>狼子の飲みっぷり
 そうでしたか!でも普通の顔して物凄く酔ってる上絡み酒って言う最悪の組み合わせですよ!?wwwというかスカートのくだりは、実を言うと一箇所、意図せずパンツが映ってるSSがあったところから思いついた展開だったりしますwwwまあ「周りの客がパンツ見た」っていうのは冤罪?なんですけどねwww
 そしてミアの今後も、是非ご期待ください!

>狼子になら
 まさかのドM告白をwww

>ゲスト集合
 実はツイッターに以前上げたものの再利用だったりするのですが、楽しさが伝わってよかったですwww実はこれ、クヴァッチ解放戦での一枚だったりするのですが、無駄に一匹沸いたバルログ(MMM?のボス級クリーチャー)との戦いを除いて、このパーティで負けたら下手糞とすら言えないというくらいの心強さがありましたwww「オフゲーなのに繋がってる」って気持ちの暖かくなるすごくいい表現だと思いましたよ!
Re: 鋼鉄蒸気さん
 鋼鉄蒸気さんおこしやす!
 女盗賊団の顔はChangeSomeCyrodiilPeopleの効果ですねwww「このキャラが美形だったらよかったのに!」っていうのを、かなえてくれるmodなので結構お勧めですwww造形に関しても、一番自然に人の顔を表現できてる部類なのではないかと思ってます。

>開脚
 そこに突っ込んでくれる人を待っておりました!!!wwwいや、選んだポーズセットの中に、椅子に縛られているポーズがこれしかなくてwwwおかげで変に興奮してくるわ、撮影する角度に妙に気を使う必要が出てきたりして・・・www
 まあ、このすぐあとに、別のポーズセットの中に、足を閉じた状態でしかもvanillaの椅子に自然な姿勢で縛り付けられているポーズを見つけたりしたんですけどね・・・。

>狼子と酒
 ザルと見せかけて、顔や態度に出にくいだけで実際は相当酔ってる上絡み酒なんですけどねwww酒好きの設定があったのに活かせずにいたので、今回はこれが出来てよかったです。酒場でキックを繰り出すシーンが撮れたのでもう思い残すことはないです(ぇ
おぉ…ダークなふんいき。台詞回しが良いですね。
ヴァニラクエストはなかなか凝ったものが多くて好きです。
そこにオリジナルの話を挟んでいけば深くなりますし!
Re: BOC4さん
 BOC4さんおこしやす!ありがとうございます!台詞回しに関して、これからは一層の自信を持って行きたいと思いますwww

 vanillaのクエストは単純なのが多いですが、それでも噛むと味が出るつくりですよね~。vanillaのクエストは、凝った設定があるのに演出には重点をそもそもそこまでおかずに作った感があるものが多いので、その辺の演出として活かされていない部分をつっついて活かすというか、利用する感じでいつも作らせてもらってますですwww

« »

03 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リスペクト
著者近影

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
#A67gdR2o

 統一宇宙暦0083年32月生まれ。スットコイッチョム大学中退。趣味はポロ。この連載が完結したら結婚するという言葉を遺し挟まって失踪。現在は連続で墜ちて来る隕石と各国からの難民受け入れへの圧力を撃ち落としつつ、機首の辺りから高出力レーザーを放つわけわからん戦闘機(?)である。科学的な根拠についてはよくわかりません。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。