TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

サイレンの欺き ~ The Siren's Deception ~ (4)

Category: OBLIVION > ロールプレイ日記   Tagged: oblivion  ロールプレイ  
Oblivion 2017-10-24 02-21-25-44

 ―――曇天。雲低く、風強し。





Oblivion 2017-10-24 00-16-05-27

「奥さーん!早まってはいかん!すぐにそれを下ろしてここに降りて来なさーい!」





Oblivion 2017-10-23 23-49-17-84

「下ろしてやるわよーーー!!!」




Oblivion 2017-10-23 23-50-26-94

「すぐにでもこの大岩を落として!」





Oblivion 2017-10-23 23-51-00-25

「この家もろともウチのバカ旦那を叩き潰してやるのよーーー!!!」

「バカな真似は止しなさーい!」








Oblivion 2017-10-24 00-16-19-29

「自分が何をしているかわかっているのか奥さーん!あなたが人質に取ってる旦那さんには奥さんも子供もいるんだぞー!」

「隊長、被疑者自身が人質の奥さんッス。あと子供は居ないそうッス」

「マジで?子供がいるのは私自身だぞー!あと今日は授業参観日だから早めに切り上げさせてくれー!遅れるとまた一週間口聞いてもらえないんだー!」

「それは言う必要なかったと思うッス」





Oblivion 2017-10-23 23-50-54-24

「バカ旦那と同じ男にこの私の気持ちがわかるか!!旦那もろともお前たちバカ男どもも全員あの世に送ってやるーー!!!」





Oblivion 2017-10-23 23-50-43-28

「隊長、奥さんがパワーを溜め始めたッス。このままじゃ家どころか街を巻き込んで大クレーターが出来上がるッス」

「マジで?それは困るぞ奥さーん!なるべくなら城壁の外に落としてくれー!」





Oblivion 2017-10-24 01-52-34-31

「フンッ!」

「「お?」」





Oblivion 2017-10-24 01-50-59-79

「でぇっ!(ガシッ」

「あ、パンツ」





Oblivion 2017-10-24 01-49-03-44

「よっこいしょ」





Oblivion 2017-10-23 23-49-06-37

「・・・あんたが、Maelonaさん?」

「は!?何勝手に話しかけて来てるわけ!?頃す!!」





Oblivion 2017-10-24 01-54-14-33

「・・・女ばかりの強盗団について、教えてもらいたいんだけど。」

 物語が、再び動き出す。





***


 

 
Oblivion 2017-10-23 22-42-35-74

 ―――1時間後、正門前広場。





Oblivion 2017-10-23 22-43-03-58

「落ち着いたかい」

「ええ・・・バカな真似をしたわ。いくらバカでも私のたった一人の夫。半殺しで済ませることにするわ」





Oblivion 2017-10-23 22-43-45-81

 一人きりでの調査は随分久しぶり。折角なので、昔のように報告書形式で記録していくことにする。

 Mealona の夫、 Gogan は、交易船長 Heinrich Oaken-Hull の話通り、彼と同じくやはり女強盗団の被害者であるらしかった。泥酔していたお陰で記憶が曖昧だった Heinrich と違い、 Maelona の話は具体的で、女強盗団の手口がはっきりとわかった。





Oblivion 2017-10-19 21-13-47-08

 酒場で張って獲物を探す彼女たちは、酔っていい気分の男たちを言葉巧みに誘惑し、人気のない場所へ誘い出してから金品を奪い取るらしい。被害は未だに絶えていないようだ。





Oblivion 2017-10-19 21-15-13-43

 被害を受けた男たちが被害届を出さないため、具体的な被害者も、決定的な証拠も見つからず、衛兵隊も手をこまねいている状態なのだそうだ。





Oblivion 2017-10-19 21-15-24-58

 何故被害届を出さないのか?理由は簡単で、 Maelona の夫 Gogan と同じく被害者が全員妻帯者であり、配偶者への立場や近所への外聞を憚って泣き寝入りしているからだった。





Oblivion 2017-10-23 22-45-39-41

 今回被害が露呈したのは、盗まれたのが、無くなれば配偶者が必ず気がつく結婚指輪だったからであり、そしてそれは同時に Maelona の母から受け継いだものであり、また一族に伝わる家宝であった。だからこそ彼女は、夫の不貞はもとより先祖伝来の宝をホイホイ奪われてしまったことにどうしても我慢がならなかったそうだ。





Oblivion 2017-10-23 22-53-41-61

 結婚指輪の奪還に対し Maelona が提示した賞金額は 100G 。 Maelona の全財産なのだそうだ。こちらが協力を了承すると、 Maelona は彼女に出来得る限りの協力を約束すると共に、夫の Gogan にも話を聞いてみるよう勧めてきた。後ほど Gogan にも会いに行ってみるとしよう。

「お待ち下さい。この街の住人のおせっかい焼きはわかっていますが、それにしても、あなたはどうしてここまで親身になってくださるのですか?赤の他人からしたら、聞きたい話題ですらないでしょうに」

「それは・・・」





Oblivion 2017-10-23 22-53-47-56

「・・・私も、取り戻したいものがあるから。」

 

 

 
 

 

***

 

 

 

 

 
Oblivion 2017-10-23 22-55-56-38

 Gogan は日中、外にいる妻を恐れて家に鍵をかけて引きこもっているらしい。お陰で夕暮れまで時間をつぶすハメになった。

 

 

Oblivion 2017-10-23 22-56-29-34

 夜になれば妻が帰宅するので、逆に Gogan は家を出て来る、という寸法である。

 そして何故か他人の家の裏庭をうろつく Gogan 。

 

 

Oblivion 2017-10-23 22-56-48-76

 声をかけて事情を話すと、被害者 Gogan は嫌そうな顔をしながらも話してくれた。

 被害にあった時の状況は Maelona と Heinrich の言った通りだった。酒場で一人飲んでいると、えらくべっぴんな Nord と Imperial の女が声をかけてきたそうだ。会話を交わした後、 Gogan は促されるまま女たちについて行き、どことも知れない農場の一軒家に案内されたという。

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-01-38-51

 美女二人を相手にした"お医者さんごっこ"を期待していた Gogan は、彼女らの促すままに服を脱ぐが・・・そこで女たちは豹変したらしい。武器を抜いて脅迫する女たちに身ぐるみ剥がされた Gogan は、解放されたとき裸同然だったそうだ。

 

 

Oblivion 2017-10-23 22-57-39-90

 据え膳食わぬは男の恥とでも言いたげな Gogan の言い訳はともかくとして、Heinrich からも聞いた手がかりの裏付けとなる証言を得ることが出来た。

 

 

Oblivion 2017-10-23 23-01-46-97

 二人の男性は共に、あの Flowing Bowl 亭で犯人に出くわしていたのだ。

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-17-45-96

 

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-18-01-29

「・・・ふう。着いた」

 

 


Oblivion 2017-10-24 04-20-07-10

「いい店だねマスター。スリリー・・・いや、タミカを。ヴィンテージ物があればそれで頼むよ」

「羽振りがいいですね旦那。この辺りの人じゃないみたいだけど、商人?」

「まあね。宝石の卸売をやってるよ。今回は大口の商談が纏まってね。帝都の妻の元へ帰る前に、久々に財布の中身を気にせず飲めそうだ」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-20-19-61

「―――素敵な夜ね、お兄さん」

「ん?僕のことかな?」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-20-50-56

「もちろん。私たち、あなたみたいな人を探してたの」

「僕みたいな男を?君たちふたりとも?嬉しいな。何かできることはあるかい?」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-18-35-74

「そうね。じゃあ、向こうで一緒に飲みましょ」

「お安い御用さ。君たちも何か飲むかい?」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-21-52-40

「アハハハ、そうかそうか。ヒック」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-22-12-57

「お兄さんほんとに強いのね。私、ちょっと酔っちゃったみたい」

「えぇ!ほんとぉに!介抱しちゃうよ介抱!ヒック」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-22-24-25

「ねぇお兄さん、良かったら私達の家で飲み直さない?お酒に、ディナーに、・・・エッチなサービスも」

「ほ、ほんとぉに!?いくいく、すぐ行くよ。案内して!」

 

 

Oblivion 2017-10-24 04-18-46-14

「もぉおばかさん。焦らないの。城壁を出たところにある古い砦の向こうに小さな農場があるの。 Gweden Farm って所よ。そこまで来て。」

「うんわかったわかった!すぐ行く!ヒック!でもその前に、ちょっと小便・・・」

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-16-00-78

「う~、流石に飲みすぎたな」

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-18-14-19

「流石に連日はキツかったか・・・昨日のがまだ効いてる」

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-13-30-66

「Gweden Farm ・・・か。城壁の外を回っていくとなると、意外と遠そうだな」

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-19-01-79

「しゃあない、夜風で酔い覚ましがてら、歩いて行くとするか」

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-20-11-78

 ・・・こんな手でも簡単にかかってくれて良かった。それに、彼女たちは恐らく夜しか街には降りてこないんだろう、昼間の騒ぎに気付いておらず狩場をまだ変えてなかったことも幸運だった。

 

 

Oblivion 2017-10-24 05-38-37-22

 もう失くしたりしない。

 

 

【つづく。次回最終回。】
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

ラングリーさん!衛兵隊長のくせに知名度も特徴もなく、例え自身が生きてても帝都から銭型がやって来て隊長職を奪われる、
やたら幽霊の多い土地なのに武器の材質が鋼鉄なせいで幽霊による騒動が起きてもまるで役に立たないラングリーさんじゃないですか!
かつてラングリーがこれほどまでに人々の耳目を集めたことがあったか。いや、無い。この記事が出来るまでは!
そしてくっころさん、エロいシーンでもなく、普段着なのにおパンツと谷間の二段構えで畳みかけてくるとは汚い!でも保z(ry
しかし昨日の酒が残ってるのにノルド相手にしこたま飲んでボロを出さないというのは、流石狼子さん大酒豪ですね。
でももしかしたら酒場の時だけ瓜二つの彼に変わってるのかもしれませんね?フードを被っていて顔分からないですしw
農場に向かうという事は、ついにミアちゃんとご対面ですか…
今の狼子さんなら心配はしてませんが、それでもバニラだと最後アレですし、どうなるかわからなくて心臓に悪い。
ところでミアちゃん探しに旅立ったはずのズゴック殿は無事に戻ってこれるんでしょうか?w
何れにせよ最終回楽しみにしてます、グドハンティング。
Re: 敗残兵さん
今回もコメントありがとうございます!

まさかのラングリーへの反応wwwww
今回台詞の前に名前の表記がない理由の一つが彼の名前と役職がわからなかったことだったりしますwww
銭形が来る前も後も、家の前の池の桟橋でぼんやりしてる姿しか見かけなくて何者なのかさっぱりわからなかったものでwww
実は敗残兵さんが「ラングリー」とコメントの中で呼びかけたのを見てやっと用語集を検索したレベルでしたwww

バニラの最後はそうですねえ、ちょっと血生臭すぎるので少し変えるかも?と思っております~。ただのチョイ役も長く見つめていると徐々に愛着も湧いてくると申しますか。。。
今回も温かいコメントをどうもありがとうございます。よろしければまたおこしください。ハオユン。

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リスペクト
著者近影

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
#A67gdR2o

 統一宇宙暦0083年32月生まれ。スットコイッチョム大学中退。趣味はポロ。この連載が完結したら結婚するという言葉を遺し挟まって失踪。現在は連続で墜ちて来る隕石と各国からの難民受け入れへの圧力を撃ち落としつつ、機首の辺りから高出力レーザーを放つわけわからん戦闘機(?)である。科学的な根拠についてはよくわかりません。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ