TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dungeons of Ivellon 日記 (5) ~監獄と騎士達の話~

Category: OBLIVION > ロールプレイ日記  
joffuri-chan.jpg



ご注意:本記事はクエストmod 『The Dungeons of Ivellon』 の、ネタバレを含む場合があります。未プレイの場合、閲覧にはご注意ください。


>>>目次はこちら

 

 

ScreenShot3984.jpg

 ・・・なんだかずいぶん長い間眠っていた気がするが、まあいい。生きていればそういうこともある。

 ともかく私は、崩落で進めなくなっている道を避けて長い階段を降り、元々は城の地下であった部分に侵入した。





ScreenShot3986.jpg

 通路は相変わらず深い闇に包まれており、遠くからは何者かのうごめく気配だけが伝わってきていた。





ScreenShot3987.jpg

 この階層に入るなり襲いかかってきたグールたちを斬り倒す。

 死体の臭いに引きつけられて現れる食屍鬼。この不気味な連中のことは確か、上層で見つけた文献の中で目に出来た。・・・まあ、特に強くはなかったが。





ScreenShot3989.jpg

 グールのうろつく短い通路を過ぎると、またしても闇へと伸びる長い階段。その先からは、骨の軋む音と、油の切れた金具をすり合わせるような耳障りな音が響いていた。





ScreenShot4007.jpg

 思った通り階段の下で待ち構えていた不死の衛兵を倒すと、階段を降りて正面と背後に蜘蛛の巣の張った鉄格子の扉。





ScreenShot3992.jpg

 目の前の扉には鍵がかかっていたため、まずは背後の扉へ向かう。





ScreenShot3993.jpg

 扉を抜け、更に地下へと続く狭い通路を下りて行く。





ScreenShot3998.jpg

 降りた先は・・・監房のような場所。





ScreenShot3996.jpg

 ポールアックスを振りかざしながら不死の兵士が一人襲いかかってきたので、上階で指揮官から奪った剣で打ち倒す。





ScreenShot3997.jpg

 兵士を倒して周囲を見渡してみると、松明の光に浮かび上がる責め具の数々・・・。





ScreenShot3999.jpg

 ここはどうやら、この城砦の拷問室の一つだったようだ。





ScreenShot4000.jpg

 拷問室の奥、蜘蛛の巣の張った通路を更に奥へ。





ScreenShot4001.jpg

 襲い掛かってきた拷問吏を返り討ちにし、





ScreenShot4002.jpg

 懐から牢屋の鍵を手に入れる。





ScreenShot4003.jpg

 手に入れた鍵ですべての牢を開けられるようになったが、中には当然役に立つものなど落ちていない。





ScreenShot4004.jpg

 更に奥へ向かう階段が見つかったので、下っていく。





ScreenShot4006.jpg

 最奥、鉄格子で塞がれた、奈落の闇へ続く深い穴が口を開けているだけで、行き止まりだった。





ScreenShot4008.jpg

 さて、来た道を分岐点まで戻り、今度は鍵のかかっていた方の扉を調べると・・・ビンゴだ。拷問吏から奪った鍵で開くことが出来た。

 この先は監房のようだ。暗闇の向こうから、何者かがうごめく気配と、不愉快な臭いが漂っている。




次回へ続く。


Oblivion 2014-05-20 22-56-43-87
関連記事
スポンサーサイト

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
犬でしかない。

#A67gdR2o


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。