TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・ミアの洞窟探検 そのさん "Greenmead Cave" (前編)

Category: OBLIVION > ロールプレイ日記   Tagged: oblivion  オブリビオン  ダンジョン  
Oblivion 2017-09-25 21-48-46-34


注意:
今回探索するダンジョンはmod : BetterDungeons の影響下にあり、vanillaのものとは内容が多少異なります。
また、記事内に一部下ネタが含まれます。申し訳ありません。



 

Oblivion 2017-09-18 22-06-11-19

「う・・・う~~~ん・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-07-38-88

「・・・はえ?」

 


Oblivion 2017-09-18 22-09-13-47

「・・・どこここ」

 ―――目を覚ましたようだニャ、くっころ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-09-46-14

「はぁ!?くっころじゃな・・・そこに誰かいるのか!」

 ―――お前だけニャ。ニャーはお前の[検閲削除]をすら視認出来ぬほど遠くからお前の[編集済]に満ちた心に語りかけてるニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-12-39-24

「気持ち悪い言い方やめろ! てかこの状況ナニ! 説明しろ!」

 ―――簡単ニャ。お前には今日、そのたわわな肉体を使って償いをしてもらうニャ。

「はぁ償い? なんもやってねーよ!!」

 ―――酔っ払って捕まった田舎のヤンキーみたいなこと言ってんじゃねーニャ。お肉の警棒を使って夜の取り調べしてやろうかニャ。おまえ本編放置してどこ行ってたニャ。お前がいつまで経っても戻らないせいで一部サイトから更新終了と勘違いしてリンク外される事態にまで発展してたニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-14-36-94

「うわあああああああああああそれは言わないでええええええええええええええええええあたしのせいじゃないんだよおおおおおおおおおおおおおおお」

 ―――言われたくないならさっさと自分の置かれた状況を[検閲削除]が[検閲削除]ように受け入れるニャ。てかお前自分の頭燃やしてるニャ。熱くねーのかニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-08-32-96

「うう・・・どうすればいいの?」

 ―――結構すぐ堕ちるんだニャ。さすがTNPに弱いことに定評のある女騎士だニャ。まずお前が素っ裸で投げ出されたこの場所のことから説明するニャ。

 

Oblivion 2017-09-25 15-47-11-70

 ―――ここは、帝都とスキングラードを繋ぐ街道の丁度中間地点に位置する洞窟、"Greenmead Cave"だニャ。前回お前のトコのチビネコビッチと淫乱ロリエルフが間違えた洞窟だニャ。今回の償い旅行はそれのリベンジも兼ねてるニャ。

 

Oblivion 2017-09-25 15-38-54-32

 ―――ほいでもってこの場所はその最深部ニャ。

「ちょっと待って。なんで最深部!?」

 ―――お前は近接武器も使えるし魔法も使えるニャ。おまけに重装鎧まで着込んでるし大抵の障害は一人で対処できるニャ。頑丈な鎧や騎士としての誇りに自らの尊厳が完全に守られてると勘違いしているのがくっころという存在ニャ。それはともかく普通にやってもつまんねーから今回はそのすべてを引剥された状態で敵地からの脱出を目指してもらうニャ。いわば誘拐監禁[検閲削除]された後道中更に[検閲削除]されながらも脱出を目指すエロゲみたいなものニャ。

「もうやめてそれ・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-19-02-19

「・・・それで、なんでバニーガールなんだよ」

 ―――お前が見られて興奮する[検閲削除]なのは構わないが特に意味は無いニャ。強いて言うなら無力なウサギちゃんを演出することでクリーチャー[検閲削除]から逃げ回る必死感を醸し出すためだニャ。ちなみに防御力は全て合わせてゼロニャ。喩えるなら[検閲削除]の安全性と一緒ニャ。

「・・・うん、そろそろ検閲されない言い回しを使ってくれないかな。」

 

Oblivion 2017-09-18 22-22-55-94

 ―――形而上学的な話は置いておいて、取り敢えず周辺の状況を確認するニャ。ナニが見つかるニャ?ここからは見えねーからお前の[編集済]に基づく言語的な描写が頼りニャ。

「うーんえっと・・・ガラクタと生物の死骸が集められてるように見えるな。集められたものに統一性があるようには見えない。知性の乏しい生き物が目についたものを片っ端から集めたように見える」

 

Oblivion 2017-09-18 22-23-11-39

「着目すべきは生物の死骸かな・・・たぶんコレは備蓄の食料とその食べかすってところか。肉が残ってるものと、骨だけの物がある。腐敗の進んだ死骸はない。つまり腐る前に消費できてる。従ってこの備蓄庫・・・巣には、ココ数日も頻繁に出入りがある。つまり現役で使われて」

 

Oblivion 2017-09-18 22-23-16-10

「・・・ん?」

 

Oblivion 2017-09-18 22-24-38-21

「・・・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-24-43-86

「シュー」

 

Oblivion 2017-09-18 22-24-49-71

「・・・・・・・」

「シュー」

 

Oblivion 2017-09-18 22-26-34-59

「なんじゃあこりゃああああああ!!」

 ―――ここは最深部ニャ。最深部なら大型生物くらいいるニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-30-34-53

「スタートからすぐにボス戦って順番おかしいだろ殺す気か!!」

 ―――頃す気っていうかお前がクリーチャー[検閲削除]されるところを[検閲削除]して楽しむ気ではあるがまあ、こいつの場合はそこまで心配する必要はないニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-31-37-69

「これでも喰ら・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-33-33-24

「・・・って弱!!

 ―――弱いとか行ってる割に思っくそ削られてるニャ。コレはもうBU導入環境なら[検閲削除]とか[検閲削除]とか出ちゃってクリ[検閲削除]祭りが始まってるレベルニャ。

「ふ、普通にぶん殴ったらSS撮る前にすぐ終わっちゃうから長引かせざるを得なかったんだよ・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-33-39-39

「中身しょっぱ!!

 ―――見た目がデカイだけでステータスもドロップアイテムも普通のカニだから仕方ないニャ。ちなみに導入modに依っては肉が20個に増えるらしいニャ。

「いらねーーー!!!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-35-46-26

 ―――それはともかく先へ進むニャ。地図上はまず水路があるから落ちないように気をつけるニャ。変性魔法の低レベルが原因でギルドメイジがクエストで提供してくれる初歩の初歩の水中呼吸魔法が行使できず結局自力で井戸に潜ったお前の場合ココから落ちたら死以外の可能性が潰えるニャ。

「わ、わかってるよー・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-35-55-16

 ―――インプニャ。武装とレッサーパワーは封印させてもらったが通常の魔法くらいは使っていいニャ。ザコ相手の[編集済]は一回で十分だからさっさと焼き殺すニャ。

「うるせーわかってるよ!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-37-10-73

「水路が見える・・・この格好で濡れるのか・・・いやだな・・・」

 ―――体の一部がすでにビショビショなんだから全身びしょ濡れで丁度いいだろニャ。さっさと行くニャ。

「・・・この記事が元でブログ消されたりしないよね」

 

Oblivion 2017-09-18 22-37-37-27

「広い部屋に出られそうだ。だけど、広い空間があるってことは・・・」

 ―――[検閲削除]には最適だということだニャ。肉欲に満ちた視線を感じたら迷わず魅了の魔法を打ち込むニャ。

「もう突っ込むの疲れたよ・・・」

 ―――突かれるのも突っ込まれるのもお前の仕事ニャ。何を血迷ってるニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-37-43-70

「案の定敵発見!右だな!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-38-03-77

 ―――都合よく二匹寄り集まってるニャ。[検閲削除]に興味なければ火球でまとめて消し炭にするニャ。

「わかってらい!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-37-54-56

「ッあ!!」

 ―――あ、そういうの今はいいんで^^;

「う、うるせーわざとじゃねーよ!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-38-19-75

「うーなんとか終わった・・・」

 ―――ま、ありがちなバッドエンドを見せられずに済んで良かったニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-38-30-11

 ―――自らのOPIが光り輝くさまを見せつける新手の露出行為に満足したらさっさと先へ進むニャ。

「あーーーーうるさーーーーーーーーい!!!!!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-18-79

「あれ・・・地図上は道が続いてるはずなのに行き止まり・・・」

 ―――簡単ニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-22-75

 ―――水中に道が続いてるってことだニャ。

「ちょっと待て!modの演出で真っ暗な上に水中呼吸アイテムもないしレッサーパワーの暗視も封印されて周りも見えない状況で松明も使えない水の中になんて潜って進めると思うか!?」

 ―――真面目に光源魔法も覚えてないお前が悪いニャ。諦めて根性でカバーするニャ。でなきゃ○ゥーム○イダーばりの溺死[検閲削除]描写が待ってるだけニャ。

「わ、わかったよ・・・ていうか[検閲削除]は別に検閲削除するほどの言葉でもないんじゃ・・・」

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-29-91

 ―――謎のタイミングでニャーの調教が成功したかのような発言をするのは慎むニャ。お前エロへの抵抗が小さくなって身も心もくっころになりかけてるんじゃねーかニャ。

「ブクブクク」

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-32-82

 ―――ほう、息を止めてるせいでニャーのY談に突っ込む余裕もないと見たニャ。ならばこういうのはどうニャ。一寸先も見えない暗い水の中、あられもない姿で逃げ惑わざるを得ない女騎士は必死に水面を探して泳いでいるニャ。そう、必死過ぎて背後から忍び寄る水棲クリーチャーの[検閲削除]じみた触手にも気付かぬほどに。

「フゴ!フゴゴ!ブクブクブク」

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-36-93

 ―――水面だ!心のなかで歓喜する女騎士であったが、貪欲な触手がその身体を捕らえるのはほとんど同時だった。驚愕と絶望とともに水中を振り返る女騎士を見つめるクリーチャーの目は肉欲に爛々と輝き、

「ガバー!!ゴボボボボ!!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-47-75

 ズドーン!!

「ガバッ!?ガバババ!」

 ―――くっころのエロさに我慢できなくなった陸上クリーチャーが電撃を射ってきたニャ。くっころがしびれて動けなくなったところを[編集済]て水棲と一緒に水陸両用[検閲削除]する気だニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-40-56-57

「・・・ぶあっ!!おまえええええええ口が塞がってるからって好き勝手言いやがって許さねえからな!!ココから出たら真っ先にちょん切りに行ってやる!!」

 ―――さっきもチョロっと言ったがココから出たところでニャーはお前の捕まえられる距離には居ないニャ。残念だがニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-41-28-98

 ―――あと心に語りかけてるんだからお前も心に思い浮かべて答えるだけでいいニャ。なぜ口に出すことにこだわってるのか理解しかねるニャ。まあ口に出してほしいのはわかってるがニャ。

「うっるせえええええええええええ!!!セクハラ挟んだ上に上手いこと言ったような空気出して来んじゃねええええええええ!!!」

 

Oblivion 2017-09-18 22-42-05-95

「はぁ、はぁ、終わった・・・」

 ―――何はともあれお疲れさんだニャ。もうこの近辺にお前の身体を狙う輩は居ないようだからあとは戦利品の確認でもするニャ。

「・・・そうだな、水の中にチェストのようなものが見えた覚えがあるし」

 

Oblivion 2017-09-18 22-41-41-23

(おっ!回復しながら水に入れば光で周りが照らされて一石二鳥じゃん!)

 

Oblivion 2017-09-18 22-41-45-25

(あ?なんかデカイのが右にいるような・・・)

 

Oblivion 2017-09-18 22-41-49-08

(間違いない!デカイのが明らかにこっちを狙って接近してる!)

 ―――落ち着いてこちらも接近し返すニャ。水棲[検閲削除]のチャンスニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-42-47-48

「なんとか上がってこられたけど危なかったー・・・」

 ―――何無傷で上がってきてるニャ。お前見せ場を台無しにする癖でもあるのかニャ。

 

Oblivion 2017-09-18 22-44-10-31

「広間を壁伝いに探索したら横穴が見つかった・・・しばらく進んで突き当りに見えるアレは・・・次の区画への扉かな?どうせ出口じゃないだろうな・・・」

 ―――もちろん出口ではないがここが最終区画である関係上扉をくぐるごとにインパクトに欠ける展開が予想されるので乞うご期待ニャ。

「お前こそ他人の期待を損なう癖でもあるのかっていう・・・」

 

Oblivion 2017-09-25 21-28-45-43

 ―――というところで今回は長さの都合上終わりだニャ。これ以上伸びるのは流石にニャーので後日へ続くニャ。

「てか、こんなことしてていいわけ!?さっき本編がどうとかさんざん責められたのに!?」

 ―――くっころは迫りくるクリーチャー共の魔の手から貞操を守り通せるのか!?
 ―――次回!『当ブログはアダルトカテゴリに変更になりました。』
 ―――乞うご期待ニャ!

「それ守り通せてないし!てかアダルトカテゴリにはなりませんから!そこんとこよろしく!!」

 

【つづく】
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

はじめまして。以前からこのブログを拝見しており狼子さんの画像をせっせと保存していたのですが、今回初めてコメントします。
更新が止まってからもたまに更新される事がありましたが、もう本格的な更新はないだろうなと思っていたので、
再び狼子さんに会えることが出来て感動しています。しかもバニーだし。帝都の汚職ハゲも草葉の陰で喜んでいることでしょう。
しかし文面の検閲ぶりが酷いですね、[検閲削除]が何回出てきたのか。お前は戦時中の手紙か、っていうw
とは言え私も狼子さんが化け物に[検閲削除]されて[検閲削除]になり[検閲削除]な目に遭うのではとワクw、もといハラハラしてます。
続きも楽しみにしています、シャドウハイチュウ!
Re: 敗残兵 さん
敗残兵さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

このようなブログを覚えていただけて光栄ですw
更新と申しましても、「昔どんなふうに書いてたっけ」を思い出すための薄い内容の記事になっているのが申し訳ありませんが、温かいお言葉をかけていただき感謝の気持ちでいっぱいでございます。
今回のように本格的な更新には程遠い状態はまだ続くと思われますが、よろしければまたおいでくださいw
汚職ハゲくんも近々また出てくれると思いますw

>検閲削除
久々だったのでFC2がどの程度表現に厳しくなっているか未知でありましたので苦肉の策として、というのが三割、個人的にSCPにハマっているのが七割の理由ですw
狼子は次回問題なくファッキントッシュされますのでどうぞお待ち下さい。ご訪問本当に有難うございますシャドウハイチュウ!

« »

06 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リスペクト
著者近影

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
#A67gdR2o

 統一宇宙暦0083年32月生まれ。スットコイッチョム大学中退。趣味はポロ。この連載が完結したら結婚するという言葉を遺し挟まって失踪。現在は連続で墜ちて来る隕石と各国からの難民受け入れへの圧力を撃ち落としつつ、機首の辺りから高出力レーザーを放つわけわからん戦闘機(?)である。科学的な根拠についてはよくわかりません。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。