TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OblivionでアンチエイリアスとHDR使う それから Fake HDR lighting

Category: OBLIVION > 備忘録   Tagged: oblivion  PCゲーム  オブリビオン  mod  
 コメントで教えていただいたアンチエイリアスの件を調べてみたら、なんだか自分の環境でも色々解決しそうだったのでここに記録させて頂きます。

 あくまで「私の環境では解決した」という程度の話です。自分の環境(NVIDIA)限定なので、ご利用は自己責任で>< あと、間違ってたら教えていただけたらありがたいです><;

 ご利用にあたっては以下にご注意ください。

 ・NVIDIAコントロールパネル限定です。
 ・変更前の設定は必ず復元できるように(復元ボタンがなければメモって)しておいてください。
 ・言った通りに設定した場合、VGAやCPUなど、あなたのPCのパーツに高い負荷を掛ける場合があります。

(2012/06/06少し書き直し)
(2012/09/10少し書き足し)



Oblivion Back_HDR_noAA

 光の具合で一番美しく映る(と思う)HDRライティングですが、よく見ると写真のように、特にお肌など曲線部分の境界にこんな感じのギザギザが出来ます。





Oblivion Back_Bloom_AA

 それを軽減する特殊効果のアンチエイリアスですが、これは環境によってはOblivion側からの設定ではHDRと両立できず、若干作り物っぽさが強調されてしまうBloomライティングを使わざるを得なくなってしまいます。

 ・・・と言っても、一見色味が違うだけでそんなに差がないようにも見えますし、ギザギザがないならいいんじゃないかとも思われます。が!


Oblivion Face_HDR_noAA

 HDR環境だとこんな感じだったのが・・・。





Oblivion Face_Bloom_AA

 こんな感じに。手違いで光の当たる方向が違うせいもありますがwwwなんかおかしい。光量がやっぱり違うし、質感もコントラストもちょっと単純に見えるかもしれません。これはこれでいいところも沢山ありますが、どうしてもHDRを使いたい場合はどうすればいいのでしょうか?





vga5.jpg

 Oblivion側からいじれずどうしたらいいだろうと思っていたら、なんとVGA側からいじっちゃえば良かったらしい。7の場合、呼び出し用のショートカットは大抵ここに収納されてるんじゃないかと思います。もしくはデスクトップで右クリックでも呼び出せます。





vga1.jpg

 ということでこんな感じでコントロールパネルを呼び出せたら「3D設定の管理」を選んで・・・





vga2.jpg

 するとこんな画面が開きます。ここで設定を始めちゃっても良いのかもしれませんが、そうするとOblivion以外のアプリケーション全てに影響してしまうし、アプリケーション毎に設定できるようだったのでそっちでやります。ということでこの画面では何もせずにプログラム設定タブをクリックして・・・





vga3.jpg

 それで呼び出された画面にて、赤丸で囲ってある部分をクリックすると現れるドロップダウンリストから「Elder Scrolls 4: Oblivion」を選びます。その後で、下のリストにある「アンチエイリアシング - モード」右の設定部分(以前にいじったことがなければ「アプリケーションによるコントロール」もしくは「グローバル設定を使用する」になってると思います。)をクリック。するとドロップダウンリストがジャラジャラッと出てきますので、そこから「アプリケーション設定の変更」を選びます。





vga4.jpg

 すると下の項目「アンチエイリアシング - 設定」がいじれるようになるので、同じ手順で設定のドロップダウンリストを呼び出し、お好みの設定を選びます。ただし、この設定はoblivion側のオプションで選べる数字(6x)以上に設定しても、はみ出した分は読み込んでくれないそうです。私は4xにしました・・・が、あんまり長いことテストしてないから丁度いい設定かどうかはわかんない。あまりFPS落ちたり不安定になるようなら2xでもいいかも。それでも十分綺麗になるようです。確かめてないけど。




2012/06/06追記
vga6.jpg

 以上の設定が終わったら一緒に「トランスペアランシー」も設定してみるといいと思います。これはアンチエイリアシングの際にどのような方式でフィルタリングを行うかについての設定です。上に行くにしたがって低負荷低画質、下に行くにしたがって高負荷高画質です。私はスーパーサンプルの4xにしてます。8xにしたいところだったのですが、4xで試した段階でfpsは落ちなかったもののVGAがめっちゃウインウイン言うことがあったのでこの辺で済ませておきました。画質的には全然満足。

2012/09/10追記
 トランスペアランシー高め(スーパーサンプル)だと、アンチエイリアシング低めに設定してても会話画面など急激にFPS上がるシーンで数値がガクッと落ちるということがまれにあったのですが、マルチサンプルにしてアンチエイリアシングを高めにしたら起こらなくなり、画質も特に落ちませんでした。なので、アンチエイリアス自体を上げるよりもトランスペアランシーを大きめにしたほうがVGAへの負荷が大きくなる印象かな?



 最後(というか一番上ですが)の項目「アンチエイリアシング - ガンマ修正」は色味が薄いと感じたときにオンにすればいいみたい。お好みで。

 あとは右下の「適用」ボタンをクリックして閉じて終わり!





Oblivion Face_HDR_hikaku

 あとはOblivionを起動し、HDRを有効にして確認してみれば・・・なんということでしょう!(やっぱりズームしないとわかんないwwwクリックで原寸大画像が出ます)





Oblivion Back_HDR_VGA_AA

 ギザギザが軽減されてるのがよくわかりますよね!

 こんな感じで、Oblivion側からは解決が難しい問題でも、VGAの設定次第ですんなり解決できたりするんですね! PCゲームは奥が深いです・・・。ただし、やっぱりあくまでこの話はnvidia系限定かもしれませんです。申し訳ない。

 それから最後のご注意。VGAからこの設定をした後でも、OblivionのオプションでHDRを有効にした状態でアンチエイリアスをかけようとすると相変わらず弾かれます。ですがこれは問題ないです。Oblivion側から設定できなくてもアンチエイリアスはきちんと有効になってます。Oblivion側からの設定はHDRを有効にする以外に必要ありません。



2012/06/06追記
 しばらくプレイしているとたまーにアンチエイリアスが勝手に解除されちゃうことがある模様。VRAM容量関係のことらしい。上手く設定すれば回避できるみたいだがそれについては模索中。

 色々試して行こうと思います。

2012/09/10
 いつの間にか全く起こらなくなった。なぜだ。




参考にさせて頂いたところ:
http://whitacirno.blog45.fc2.com/blog-entry-312.html
http://risimohyaha.blog91.fc2.com/blog-entry-1244.html







それでもアンチエイリアスとHDRの両立が出来ない場合は?


 こちらのmodがお勧めのようです。鋼鉄蒸気様、教えていただいてありがとうございました!

Fake HDR lighting

Oblivion Back_Bloom_AA_FakeHDR

 Bloomライティングの環境をHDRっぽく出来るmodです。当然アンチエイリアスとの併用も可。





Oblivion Face_Bloom_AA

Oblivion Face_Bloom_AA_FakeHDR

 上がいつものBloom、下がFakeHDR有効状態です。本物のHDRと比べると流石に見劣りしてしまいますが、上に比べ下の方が光量にボリュームが出て、ぼやけていた明暗もしっかり強調されてる感じですね。



注意すべき点としてひとつ、環境によってfpsが3~7、8程度低下する場合があるみたいです。私の環境だと3、4程度落ちました。また、アイテムなどにポイントをあわせたときにポップしてくる文字が不自然に明るかったりなども。

 設定に関してはある程度カスタムできるようなので、readme参考に自分である程度いじるつもりで使うべきかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

毎度です(・∀・)

根本的な解決がなったみたいですね。
実を言うと私も最近になってグラボを新調してHDRでもNVIDIAのコントロールパネルからが掛けられるようになりました。

その前の古いタイプはコントロールパネルから設定してもゲーム中に反映できなかったので、Fake HDR lightingを使っていた次第です。

調子に乗ってAAを×8にしたら私のマシンでは落ちまくりましたww
Re: タイトルなし
書き込みありがとうございます!

「グラボの設定で色々変えられる(直せる)」って知って、フン詰まりだったパフォーマンス向上の道が一気に開けた気がしますwww

HDRとAAの両立は新しくなってから出来るようになったことだったのですね・・・。
実を言うと3Dのゲームが動くデスクトップのパソコンを買ったのは、今使っているパソコンを去年の秋に買ったのが初めてで、全く知識がないので勉強になりました!
オブリってゲーム自体の楽しさだけじゃなくてこういう知識の収集と自分のケースに合わせた再構築?が楽しいゲームのような気がしますね~

うん、クラッシュ怖いので私はAAx4に収めておくことにしますwwwww
ありがとうございました!

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リスペクト
著者近影

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
#A67gdR2o

 統一宇宙暦0083年32月生まれ。スットコイッチョム大学中退。趣味はポロ。この連載が完結したら結婚するという言葉を遺し挟まって失踪。現在は連続で墜ちて来る隕石と各国からの難民受け入れへの圧力を撃ち落としつつ、機首の辺りから高出力レーザーを放つわけわからん戦闘機(?)である。科学的な根拠についてはよくわかりません。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。