TES4の備忘録

Memorandum of TES4 一泊二日のオンライン(?)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miaの洞窟探検 そのいち "Unmarked Cave" (前編)

Category: OBLIVION > ロールプレイ日記   Tagged: ロールプレイ  
Oblivion 2012-08-27 23-02-03-91

 Fus Ro Dah!!!





Oblivion 2012-08-27 15-00-48-17

 どうもおはよう。小さな体に100万馬力、CyrodiilのドヴァキンことThiefのMiaだよ。今日はみんなに冒険の楽しさを教えるためにあたいが一肌脱ごうと思うよ。わかってると思うけどみんなの前で服を脱いだりするつもりはないからね。誤解はしないでね。





Oblivion 2012-08-27 15-03-36-15

 ちなみに今あたいが居るこの場所は、Silver Road(帝都を囲むRed Ring RoadからBrumaへ伸びる街道のことだよ)を西に少しそれた山間にある、Bleaker's Wayという村だよ。

 ここは本来激しくいがみ合っているはずのNordの一族とDunmer(ダークエルフのことだよ)の一族が仲良く暮らすとっても平和な村なんだよ。色々な種族が互いに差別しあっていがみ合うこの国において貴重な希望の光であるこの村の平和、Cyrodiilの英雄なら命にかえても守りたいよね!





Oblivion 2012-08-08 14-49-38-12

 どうしてこんな所にいるのかというと、今回の目的地である、ここから西に少し行った場所にある"Unmarked Cave(Xbox360&PS3版では『未知の洞窟』)"と呼ばれる洞窟へ向かうための中継地点として利用するためだよ。誰かさんが滅ぼしていたりしなければこの村には宿屋もあって食料も仕入れられるし、武器やアクセサリーを買い取ってくれる行商人も立ち寄るから、洞窟で手に入れてきたお宝を手っ取り早く捌くのにもうってつけの場所だね!

 このUnmarked Caveという洞窟は、Oblivionというゲームの中でもかなりいわくつきの場所として知られてる洞窟で、なんでも開発中はクエストを追加するつもりでデザインされた洞窟だったはずなんだけど、そのクエストが没になったことでこの洞窟も用済みになり、クエストで入手するはずの鍵で開くはずだった扉も、その鍵が設定の上から消失したことで開かずの扉となってしまい、結果その扉の奥に放棄された区画を閉じ込めることになってしまったという、いわば『創造主からも見捨てられた場所』なんだって。そんな場所がこの世界に存在していることを考えると、なんだか背筋が怖気だってくるね。





Oblivion 2012-08-27 15-01-35-88

 ただ、その見捨てられた区画の先にボス宝箱(確実にレアアイテムが入っている箱)があるというのも有名な話らしいよ。コンシューマー版ではその場所へ行くための正規ルートの扉には開かない鍵がかかっているので、帰り道として作られた天井の穴にアイテムを積み上げて無理やり登っていくしかないらしいけど、このPC版ではUnofficial Patchを当てることで開かずの扉が開いた状態になるそうなので、今回はその見捨てられた区画の奥まで正規ルートを通って探検してみようと思うよ。

 それじゃあ朝ごはんを食べたら出発してみよう。
 










Oblivion 2012-08-08 14-49-16-76

 村から洞窟まで舗装された道があるわけじゃ当然ないので、ちょっとした山歩きをすることになるよ。身動き取りづらい斜面でクリーチャーに襲われたりするととっても面倒くさいので慎重に行ってね。

 ちなみに隣にいるのは助手のクロさんだよ。レベル2で戦闘系スキルもからっきしのあたいがひとりで洞窟に潜り込むのもゾッとしない話なので、ボディガードとしてついてきてもらったよ。短時間に何回も誤爆したりしない限りはあたいのことを守ってくれる頼りになる仲間だよ。





Oblivion 2012-08-08 14-49-26-23

 さあ着いた。一見何の変哲もない洞窟だけど、恐ろしい秘密と意味深な名前の区画を内包した場所だよ。油断しないでいってみよう。





Oblivion 2012-08-08 14-50-18-54

 そんなわけで緊張しながら入っていったんだけど、入ってすぐのところで先客らしい冒険者のパーティが立ち話をしてたんだ。少し緊張がほぐれたのも事実だけど、くらーいホラーな場所を想像してただけに、平和な風景に正直ちょっと拍子抜けしちゃった・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-50-33-50

 入り口を入ってすぐのところで洞窟は早くも二手にわかれていて、右手に進むとこの扉に行き当たる。多分この扉の先が、目的の見捨てられた区画。今は鍵が開いてるけど、開かずの扉っていうのは多分この扉のことだね。ということで、この扉は後回しにすることにして、冒険者のパーティが立ち話をしていた左手の道へ先に行って見ることにしたんだ。





Oblivion 2012-08-08 14-50-56-28

 ・・・この人達も奥に行くみたいだし、後ろをついてくことにしてみよう・・・怒られないみたいだし・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-51-02-51

 洞窟は行けども行けども真っ暗。Unmarkedなんて名前がついてるくらいだし、人の設置したような明かりがあったらそれはそれで怖いけどね・・・。暗いだけじゃなくて、これだけ広い空間なのに、生き物の気配が全くない。ともすればお化けでも出そうな感じ。最初はえぇ~って思ったけど、この人達がいてくれてちょっと良かったかも。





Oblivion 2012-08-08 14-51-24-37

 そんなこと言ってる間に、Khajitのおっちゃんはどんどん歩いて先に行っちゃう。ついさっきまで一緒に居たOrcのおっちゃんも、WoodElfの姉ちゃんも、広い洞窟を進む内、何かを探して分かれ道でばらばらになって、いつの間にか姿が見えなくなってた。後ろにクロの気配がついてきてくれてなかったら、心細くて逃げ出してたかも。





Oblivion 2012-08-08 14-51-33-17

 は、はぐれた・・・どうしよう・・・この奥に行ったのかな。どっちにしろ、こっちが順路みたいだから進まないとどうしてここまで来たのかわかんないし・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-51-58-34

 ここから先は何が出てくるかわかんないし、松明はやめて暗視に切り替えることにする。あたいみたいにか弱い子が、もし敵に先に気づかれてこんな狭いところで追い詰められたら、クロが居たってひとたまりもないだろうし。





Oblivion 2012-08-08 14-52-23-75

 そんなわけで、気付かれないように気付かれないように、下へ向かう通路をそろりそろり進んでいくと、間もなく広い場所に出たんだけど、遠くの方に案の定、黒い何かが蠢いてるのが見えて・・・。

 あれってもしかして、あれなんじゃないかなあ・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-52-33-32

 やっぱりクマ! しかももう一頭! あたいが通ろうと思った場所に居座ってるし・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-53-16-78

 どっか行ってくれないかなあ・・・と思ってたら、隠れてるあたいを素通りして何かに向かって突っ込んでくクマ。その先には松明の光・・・あ!さっきの冒険者のパーティ!助けなきゃ!





Oblivion 2012-08-08 14-53-24-76

 にゃにゃ! 調子に乗って矢を打ち込みすぎたせいか今度はこっちに向かってきたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああでっけええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええこのクマー





Oblivion 2012-08-08 14-53-32-67

 にゃああああああああああああああああおっちゃんたち頑張って!おっちゃんたちマジで頑張って!!





Oblivion 2012-08-08 14-53-52-65

 はぁ、はぁ、い、生き残った! あたい生き残った! マジ最高! マジ人生最高!





Oblivion 2012-08-08 14-55-52-17

 と思ったらまた出てきたしいいいいいいいいいいにゃああああああああああああああああああああああああ





Oblivion 2012-08-08 14-55-46-86

 近い!近い!近い!





Oblivion 2012-08-08 14-54-01-23

 ここ出る頃にはクマ皮で一財産築けてたりして・・・それまで生きてられればだけど・・・。あたいには重くて全部持ち切れないから、毛皮はクロに持ってもらお。





Oblivion 2012-08-08 14-57-06-10

 さ・・・気を取り直して奥へ進もう・・・と思ったらまたなんか通路の奥から歩いてきてるし!





Oblivion 2012-08-08 14-57-50-19

 でもこいつはもともと弱ってたみたいで、毒と闇討ちを利用したら近付かれる前に倒せた。ああよかった・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-58-10-43

 気を取り直してもっと奥へ進んでみると、突き当たりにもう一頭なんか隠れてるのがいる・・・。





Oblivion 2012-08-08 14-58-41-73

 こわピカリャーーー!!!





Oblivion 2012-08-08 14-59-01-96

 はぁ、はぁ、はぁ、あ、危なかった。





Oblivion 2012-08-08 14-59-07-21

 クロもすっかり傷だらけだ。あたいは狼子みたいに魔法でスカッと回復させてあげられるわけじゃないし、気をつけてあげないと・・・。





Oblivion 2012-08-08 15-00-14-49

 さっきのクマが守ってた部屋には、奥にボロいチェストがあって、天井にはどっかの部屋に続いてるらしい穴が開いてた。この穴が多分、事前情報にあった『天井の穴』なんじゃないかな。ってことは、この部屋がこのルートの最奥部ってことになるのかも。





Oblivion 2012-08-08 15-00-19-52

 この穴の向こうにお宝が・・・じゅるり。

 周りを探ってみたんだけど、やっぱりこの部屋が最深部みたい。それじゃあさっさと洞窟の入口まで戻って、開かずの扉の先を探検してみることにしよう!





Oblivion 2012-08-08 15-05-03-07

 そんなわけで開かずの扉の前に戻ってみたら・・・あ!ひどい!誰かに開けられてる!あたいが最初に開けたかったのに!

 ・・・というところで今日のお話はおしまい。後編も近いうちにあっぷろーどするから、みんな首を長くして待ってるように!

 それじゃあ、バイバ~イ!







つづく。


Oblivion 2012-07-23 02-56-21-54

 今回は出番なし。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

おもろい!
こんにちは。屁ぷしです。

いや、面白かったです。続きが楽しみになりました。ほぼ瀕死のクロが気になります。
多分次回もくま成分多めな予感がしますw

なんかロールプレイ日記って面白いです。私はオブリビオンはプレイ期間自体はやたら長いんですけど、
まだまだ全然知らないことが多いなあ、って思います。この洞窟の裏設定とか初めて知りました。

あと、なにもしたくない病の治りが早かったので驚きましたw
Re: 屁ぷし様
毎度ご訪問ありがとうございます!

ご好評いただきありがとうございます!すごく励みになります!
クロは不死属性なので一応大丈夫ですwwwというか、実際はプレイヤーマイナス2レベルくらいなので、クマに向かって行っては一撃で気絶なんてこと繰り返してましたwww攻撃力自体はかなり高めなので、上手くはまると強いのですが・・・

そしてその通り。結論から申しますと、次回もほぼクマですwww
最後にちょっとだけ違うものが出てきますが・・・あまり期待しないほうがいいかもしれませんwww私自身初めて見た時座ったままコケましたからwww

ロールプレイ日記面白いですよね~
何より、書き手さんそれぞれのキャラクターとか世界観の解釈を見られるのが私は好きです。
それに私には残念ながらUESPwikiを翻訳できるほどの英語力はないので、公式な世界観の解釈を知る上でも読むことは欠かせない感じがしますwww
Unmarked Caveのことも、実は別の日記ブログ様で見かけて初めて知ったくらいですしwww

そして実は何もしたくない病発症宣言をした直後に、進入から脱出までしっかり揃えられたこの洞窟を探索した時のSSが見つかったのですwww
あ、新しくSS揃えて日記書くのが面倒くさいならこれ使えばいいじゃん。って感じで記事にしてしまいました。
お蔵入りになりかけてたのですが、そうしなくてよかったですwww
最初の集落って、デイドラのクエストに出てくる村ですよね。

あとメタな発言を連発してますが、コレは大丈夫なんですかwww

この洞窟は、なんか先に進めないのであとから関連するクエストでも出てきていけるようになるのかと思ってましたが、そうじゃなかったんですか…(;´Д`)

ちなみに弓装備時に近接戦闘状態になると、今でも私はパニックになります。
剣に持ち帰るはずが素手になったり松明持ったり弓に戻ったり……orz
剣を持ったと思ったら素手になったり。

混乱状態に陥って4次元ポケットから道具を発見できなくてばら撒いているドラえもんのようです。


Re: 鋼鉄蒸気様
ようこそおいでくださいました!
最初の村はそうですね。デイドラクエスト絡みでシロディールの英雄とか言うボンクラに滅ぼされる運命にある村ですね。
何処の誰かは存じませんが全くけしからん輩ですね!

今回のメタ発言は致し方ないんですよwww
そもそもこの『未知の洞窟』という場所に興味を持った理由が記事中で述べている通りのメタな話ですし、名実ともに製作者の保証の範囲外であることがこの洞窟の面白さでもあると思いますしwww
しかしまあ、この企画をまたやるとしたら、メタ色を全面に押し出す作りにしようとも思ってます!

その通り今のところこの洞窟はクエストに関係してはいないので、鋼鉄蒸気さんも是非とも潜って見ることをおすすめしますwww



>混乱状態に陥って4次元ポケットから道具を発見できなくてばら撒いているドラえもんのようです。

目の前にありありとその状況が浮かぶ素晴らしい例えですねwww
激しく「あるある」wwwwwwww
ただ最近は敵をひきつけたり後ろからぶん殴ったりしてくれる犬と一緒に冒険することが多くなった分、弓を構えたままでも少し逃げまわるくらいで平気だったりするので最近はあまりこの悩みにぶつかることもなくなった気がします。
ということで犬はお勧めです。

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リスペクト
著者近影

泥龍 (clay7890d)

Author:泥龍 (clay7890d)
#A67gdR2o

 統一宇宙暦0083年32月生まれ。スットコイッチョム大学中退。趣味はポロ。この連載が完結したら結婚するという言葉を遺し挟まって失踪。現在は連続で墜ちて来る隕石と各国からの難民受け入れへの圧力を撃ち落としつつ、機首の辺りから高出力レーザーを放つわけわからん戦闘機(?)である。科学的な根拠についてはよくわかりません。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。